お電話による、お問い合せ/お申し込みは フリーダイヤル 0120-46-5583 までお気軽にどうぞ!
「クリアな見積り・安心施工の住宅リフォーム」の支援サイト・安心リフォームネット

安心リフォームネットは
「クリアな見積り・安心施工」の住宅リフォームが自慢!

業者様はこちら 業者様はこちら
トップ 安心の適正見積 リフォームパッケージ とりあえず見に来てヨ 何でも相談お問合せ よくある質問

初めての方へご利用ガイド 安心リフォームネットが選ばれる理由 リフォームの基礎知識  お電話による お問合せ/お申込み 0120-46-5583

 
加盟リフォーム業者
 
リフォームローンご案内
 
不安・お悩み解決
業者様はこちら 増改築相談員がいるお店へ
日本増改築産業協会ジェルコOfficial-Site
日本商工会議所青年部
チームマイナス6%

休業日のお知らせ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

営業日

休業日

適正価格とは
 物の値段について言えば、誰に聞いても同じ内容で同じ物なら安い方がいいと思うでしょう。
しかし「工事」の場合も安ければいいのでしょうか?
「腕の良い職人さん」を頼むと手間賃が高い事も皆さんお分かりになる事と思います。
また、安く叩いて手を抜かれた話など聞いた事もあるかと思います。
工事の適正価格とは?
 建築業の場合、戸建でもマンションでも実際の工事を行うのは大工・土木・設備・電気・左官・板金・塗装などなどの職人さんです。
その業種は多く、家を1件建てる場合に15社以上の業者が関ると言われます。建築業者は一般的に実行単価(原価)・人工(にんく)と言われる職人や下請の原価を現場ごとに積算し、見積を作ります。

 お客様はどういった見積が適正か判断しなければならないわけですが、「見積が判りにくい」「比べられない」と言う話をよく聞きます。それは工事原価に利益を乗せる表記の仕方が業者・見積者ごとに様々で比べ難いと言う事だと思います。ではリフォーム工事の見積をどう判断するか?適正価格を知る事が大事なポイントになります。

 「適正価格」それはどういう工事をして、その明細においての単価が高いか安いかではなく、おおむね妥当な価格範囲に入っているかどうかがポイントだということです。
本当に必要な工事を行い、それが幾らなら妥当なのか
考える事が大事なのです。
弊社では手抜きをされず、高く支払う事も無い
「適性価格の見積」をわかりやすくお見せいたします。